展示案内

現在の展示

常設展「吉田松陰の生涯と松下村塾をめぐる人々」
 
吉田松陰先生の御生涯を貴重な資料で御紹介しています。また松下村塾ゆかりの人物の自筆資料等を展示しています。
 

前回の展示

企画展「前原一誠と萩の変」 常設展「吉田松陰の生涯」を同時開催

本年は、前原一誠が中心となった「萩の変(前原騒動)」から140年となります。これを記念して、松陰神社宝物殿至誠館では企画展を開催いたします。
前原一誠は松下村塾に学び、吉田松陰先生から高く評価され、明治維新後には新政府高官に抜擢されました。しかし新政府に疑念を持った前原は、下野し萩に帰ります。そして奥平謙輔たちと「萩の変」を起こしますが敗れ、43歳で斬首されました。このように非業の最期を遂げた前原ですが、その誠実な人柄と師松陰を慕う思いは他の誰よりも強いものがありました。
本展示では前原の人柄や越後での事績、そして萩の変に至るまでを前原の自筆資料などを通じて明らかにします。
 
常設展「吉田松陰の生涯」では吉田松陰先生の激動の生涯を、多数の松陰先生自筆資料でご紹介します。
 
会期 平成28年10月15日(土)~平成29年1月17日(火)